これから注射をするならば知っておきたい事は何か

サイトメニュー

女性たち

詳細を確認しよう

ボトックスが人気なのは手軽に受けられる施術だからです。それに確実に効果を得られます。ただし、副作用が起こることはあまり知られていません。人によっては副作用が起こることもあるので頭に入れておきましょう。
注射

カウンセリングが重要

ボトックスは簡単な施術メニューの一つですが、リスクが全くないわけではありません。だからこそ副作用やリスクに関する説明もしっかりと行ってくれて、信頼できるクリニックから選ぶことが大切になってくるのではないでしょうか。
注射器

悩みを解消できます

ボトックスなら加齢によるしわや身体の悩みを解決することができます。他の施術方法と違って副作用やダウンタイムを気にすることなく利用できるのがメリットです。満足のいく仕上がりとするためにも、信頼できる医師による施術を受けることが必要です。

注意点を知る

女性

利用目的と気をつけることを意識する

ボトックス注射には副作用があると言われていますが、最近はほとんど副作用がない状態のものが利用されています。もともとボトックス注射の副作用があると言われていたのは、まだ日本で利用される前の話です。アメリカなどで利用したときに、妊婦さんがボトックス注射を打ち過ぎて胎児が亡くなってしまったと言う事例がありました。この話が広まり、実は危険なものではないかと判断されたわけです。しかし現代は随分と改良されており、ほとんど副作用が出ない製剤が利用されていると言えるでしょう。このようなものを利用する場合には、明確な利用目的が重要になります。どのような利用目的があるかは人によって異なりますが、概ね顔を小さくすることやシワを取ることに使うでしょう。なぜ顔を小さくするときにこの注射を使うかと言えば、筋肉を縮小させ小顔にする効果があるからです。この大きさが気になる人の多くは、骨格が発達していると言うよりも、エラの部分が横に出ているからといえます。エラ横に出てしまうと、正面から見たときに顔が大きく見える傾向があります。エラが発達する理由は、小さな頃からよく顎の筋肉を使っていた場合です。これは大人になって突然なくなるものではなく歯ぎしりの原因になることもあります。これを避けるためには、注射を打ち筋肉の働きを弱めることが必要です。筋肉もしばらく働かなくなるとしぼんでいきます。この効果を利用して、それぞれ左右の顎の部分に注射を適量だけ打ちます。結果的に理想とする顔に近づけることが可能になるでしょう。

副作用があまりないと言われているボトックス注射ですが、使い方によっては副作用が出てしまう可能性があります。安全性の高いボトックス注射でも、副作用が出る場面があるとすれば、たくさん打ってしまうことです。例えば、4本位の注射を一度に打った場合に、十分な効果が期待できるはずですが、人によってはあまり効果が出ないことがあるでしょう。このような場合、本来であれば様子を見ながら次の注射を打つかどうか判断するのですが、すぐに注射を打ってほしいと医者にお願いをする場合、医者が承諾したとしても顎の部分に麻痺が生じる可能性があります。どのような状態になるかというと、まず顔のしびれが生じます。もともと顎の筋肉自体は口を起こすために必要なものになりますので、筋肉がしびれて動かなくなれば、食事をすることができなくなります。これで食事をすることができる位顎を動かすことができたとしても、十分に咀嚼をするのは難しいでしょう。そのため、消化不良になってしまうかお腹が空いているので食事ができない状態が続きます。次に考えられるのは、会話をすることが難しくなることです。会話をするためには、口を動かす必要があります。この口を動かすためには、やはり顎の筋肉が重要であるわけです。この筋肉が動かすことが難しいとすれば、意思疎通ができなくなる可能性があるため、生活をすることがとても不便になってしまいます。ただこのような副作用が一生続くわけではありません。続いたとしても、せいぜい半年程度になります。早ければ1ヵ月程度でその状態から脱することができるでしょう。

Copyright© 2020 これから注射をするならば知っておきたい事は何か All Rights Reserved.